色はいらないけど軸がほしい

音楽、本、映画、人、言葉、時間その他諸々

ユーモアが助けるもの

この投稿の前に、書きたいことがあったんだけど、自分が書きたい!!と思っている熱量が文章に生かされていないため断念。悔しい。

 

最近思うことは、大学受験で入りたかった学部に落ちて、なんでも幅広く学べる学部、言い換えれば何を学ぶかは自分次第である学部に入ってよかったなということだ。

いつも自分以外の誰かの所為にして生きてきた私は、決められたことをやる、つまりは何をやるかを自分で選択しなくてよい方が変な気力を使わなくて済むからいいなあと思っていたが、そこに要する"変な気力"こそが今の私にとってとても重要な向き合わなければならないものである。

その"変な気力"を使って下した決断が世間的に見て、第三者から見てくだらないものに見えたとしても気にする必要はない。その決断が自分にとってマイナスなものに思えてきたとしても、他人の所為にしてはならない。加えて、自分の所為にしてもいけない。それがマイナスに思えるのはまだ過程にある状態だからだ。つまり、まだやってないのだ。私はまだやってない。

 

私は美容院が大好きだ。美容師さんはお話が上手な人が多くて、いろいろな話をすることができる。先日、訪れた美容院は表参道駅のすぐ側にある小洒落た美容院だった。スタイルブックを見て気に入ったスタイルがあったので、そのスタイルにしてほしくて、そのヘアを仕上げた担当の人を指名した。人あたりが良くて、話しやすいなと思った。私は美容院に行くと大体美容師さんに「どうして美容師になったか」と「美容師になってやめたいと思ったことはあるか」を聞く。前者はいろいろな答えが返ってくるが、後者は結論的に「ない」という返答ばかりだ。

今回の美容師さんの前者の答えは、「かっこいいと思ったから」だった。

まあ確かにかっこいいけど、軽いな、これからこの人に私髪切ってもらうんだよな、大丈夫かなと不安になってきたが、後者の質問をした。

 

「一回美容師やめてるんですよ。くだらないなって思って。美容師って稼げないし、拘束時間長いから全然遊べないし。

でも、やめたら時間ができるわけじゃん。その時間をね楽だとか楽しいとか思えなかったんだよね。美容師として働いていた時間をちょっと恋しく思った笑 

あの時はやってなかった。何もやってないのにやめるってなんか違うなって。そっからめっちゃ美容師として技術上げたくなって今に至る。」

 

うわあ、どんなヘアになっても今日ここの美容院きてよかったなと思った。人が何かをやめたいと思う時は、コストを考える、他のことに目が行く、向上心より辛い気持ちが勝る時などさまざまだ。何かのために頑張るという気持ちでパフォーマンス力を上げる人もたくさんいるが、その行動をすることが楽しいと思えることはやはり何よりもパフォーマンス力を上げるのだと思った。そして、序でに人間としての魅力も開花させるのだと思った。その「楽しい」を得るためにはおそらく”変な気力”が必要になってくる。この人の凄いところは、やめた時間を退屈だと思ったところ。そこで退屈だと思うのも才能だ。愛があったからとは言い切れない。だって、やってから気づく愛もあるもんね。でも、「くだらない」「やってない」とかの言葉の言い方だったり選び方にどこか私に似ているものを感じたから、この人を遠ざけずに楽しく会話が出来たんだと思う。

 

同じ方向性ではなくても、何かを前向きに頑張っている人に囲まれている環境にいることを幸せだと感じることが多いこの頃。何が言いたいんだかよくわからなくなってしまったけど、これから二ヶ月間少し頑張ろう。

 

波の行方

いつかの日記で私は書いていた。ちょうど昨年の今頃だったと思う。私の悩みの根本は ”自分の孤独感” にあるということを。

定期的に日記は読み返すが、最近はこのブログを書くようになったし、すぐ書きたいときは携帯のメモに記すから日記の出番は虚しくも減ってしまった。でも、だからこそちゃんと書残しておきたいことや、冷静に整理しながら書きたいことがあると日記に頼る。日記を書く頻度が減ったわけだから読み返す回数も以前に比べて減った。前回開いたのはいつだったか、3ヶ月くらい前かと自分でも思い出せないくらい前なのだが、その時は昨年の今頃書いた "自分の孤独感" に関する文章に対して嘲笑した記憶がある。「相変わらず悲劇のヒロインぶってんな」と。3ヶ月前といえば、ギターを購入したり、料理教室に通い始めたり、友達と旅行に出かけたりしていた。充実していたというか新しいことを始めて新たな楽しみを手に入れ始めていた時期だった。そして、自分には仲間がいるという確信を強め、安心を得ていた。そりゃあ孤独感は感じないだろうし自由に好きなことばっかやっていたから孤独について語っている文章なんかに共感できるはずがなかろう。「あ、自分少しは成長したんだな」なんて呑気に思っていた。

 

私の中で波は消失したように見えた。波が強かった時は「落ち着いて、平坦を歩きたい」と願っていた。でも、その願いが叶ったのかなんなのか静まった時には過去を羨望していた。「今でいいじゃない、今がいい」と言い聞かせ、飲み込んだの。

 

人はある程度の距離にいる。それはずっと変わらないのに自分にとって見えるようにしたり、見えないようにしたりする。ある時は、近づいたり、全速力で離れたり。私は昔から自分から離れることが多いように思う。今 ”拒絶過敏性” について学んでいるが、その類なのかもしらん。拒絶される恐れに耐えられず先回りしてこっちから拒絶する。離れられる側にストレスがのしかかるのは勿論だが、離れるという行為にもストレスが発生することを知った。確かにそうかもしれないな、じゃあなんでするんだよって話。でも、離れなきゃならない時もあるでしょ。

 

Saucy Dogというバンドがある。ボーカルの名前は、石原慎也という。

もう3年以上認知はしているが、彼から発する言葉に響いたことはなかったし、みんなから愛される主人公っぽいキャラクター的に夢中になることもなかった。(歌は上手だし、曲も絶対売れていく)ただ、一年前から石原さん、つまりSaucy Dogの音楽に触れないようにした。どこか雰囲気が似ていた。

そんな中、先週彼らの新曲 "雀ノ欠伸" がたまたま耳に入ってきた。

 

明日はオレンジの風が吹く カーテンの向こう側

新しい朝がたまに怖くなるよね 僕もそうだよ

 

2番サビ。なんだろね、あったかいよね。Saucy Dogの音楽、石原さんのこともっと知りたくなった。彼の前のSNSのアカウントは物凄くネガティブな発言が多かった。見た人もネガティブ伝染するやろレベル。今のアカウントはネガティブ発言は見られず、前向き発信が多い。ちらほら意味深なものが拝見されますが。ここ数日間ひたすらに彼の口から出てくる言葉を漁ってた。

「安心を求めるよりも沢山の矛盾を受け入れて強くなろうね、お互い」という言葉にどこか懐かしさを感じた。

 

「風向きが変わる時の潮目って今の僕らだよね」と、誰かが言っていた。

 

いつもの自分かどうか

私は自分が持っていないものを欲しがり、自分の持っているものを蔑ろにしている。足りないものを補給することばかり考え、あるものに見向きもしない。

 

人間関係において、理想の自分との距離を詰めるために思ってもいないことを違和感なしに言ったり(でもこれは相手からしてみれば違和感の塊)自分の持ち味を薄めたりする。自分のアバウトな目標として「変わり続ける」というものがあるが、これはどうなのかと思ってしまっている今日この頃です。

 

「演じる」という行為は「騙す」ことではないと思っている。それも側面、一部分として考えられる。でも「演じる」という行為を「演じる」と捉えられたら、「演じる」の役割は果たすことができていない証拠となるし、「騙す」ことに繋がりかねない。そこの塩梅が全然できない。だから向いていないのかもしれない。

 

あ、別に病んでいる訳ではない。毎日こんなことばかり考えている。日常。久しぶりに会う友達から「最近元気?」と聞かれて「元気!」と即答できるくらいには元気である。それは、紛れもなく周りの人間のお陰だ。

 

困ったり、悩んだりするとすぐ友達に相談するということが当たり前だったから、今まで自分で考えるということを無意識的にしてこなかった。まず、そんな友達がいることに感謝しなければならないのだが、この私の当たり前体操はある見方をすると「責任転嫁」「安全保証」である。自分に甘々な赤ん坊。

 

人間関係もそうだし、将来のこと、アイデアのこと、自分自身のこと、色々ともうちょっとちゃんと向き合わなきゃな〜。

そして、新しいものに触れることも継続。刺激を活力に変えながらね。

 

やばい、最近お腹が出てきた。

仮面マトリョーシカ

「優秀な人」という括りに疑問を覚えたのは中学生の頃だった。先生から評価される人間が優秀なのか、友達から慕われる人間が優秀なのか。私はどちらでもなかったから「優秀な人」の仲間入りは出来なかったが、そもそも仲間入りしたいとも思わなかった。その所謂「優秀な人」に感心したことがなかったし、魅力を感じなかったから。

大学生になってからも「優秀な人」に出会わなかった。自分の中の解釈も定まっていないから見つかるわけがない。でも、就活を少しずつ始めて、さまざまな人と出会う中で優秀な人って本当にいるんだなと思った。

会社概要などで "我が社は優秀な人材を揃えています" という文字を見て、自分で言うなし!と思うのだけれど、変に謙虚になっても誰も志望しないよな。そして、実際に足を運んでイベントに参加すると、まずその場に集まる同期に圧倒される。そして、就活を終えた先輩や、企業の方。周りにいる人が凄い経歴を持っている人ばかりで眩暈がする。

でも、患っている場合ではないのだ。最終的にはその人たちに勝たないといけないが、その前に私はまだ武器すら持っていない。まだ選んでいる段階だ。武器選び、進む道、戦う相手。選択の幅は無限大で困ってしまうが、ここが一番肝心だ。面接や面談でフルボッコにされる毎日だが、全て意味のあるフルボッコだと捉えている。今やるべきことを順序よく。頑張れ。

最近就活を始めた友達が「諦めは大事だよ」なんて言ってたけど、お前がプライド高いだけだ。同じにすんな。まあでも、人間には優しくね。「ウンウン」言ってればいいのよ。うんうん。

さあ学校行こか。今日もいい天気です。

命に執着する者

中村文則の『掏摸』と『王国』を読んだ。今は『遮光』を読んでいる。私がこの作家さんを知ったきっかけは某SNSだ。少ないながら自分が読んだ本の作家さんの中で、読みやすくておもしろいと思った作家さんを好む人の好む他の作家さんを抽出した。その中の一人が中村文則である。そして、ジャケ裏のあらすじを読み、興味をもった本が『掏摸』だった。読み終えた時、一言で言うと「世の中は残酷だ」と思った。でも、不快感だけで終わらなかったのが事実であり、なぜか僅かばかり爽快感もあった。この物語に出てくる超重要人物、木崎。世間的な目で見ると極悪人なのかもしれない。彼の過去が語られる場面もなく、弱さが垣間見える場面もないので情が湧くことが無いのは当たり前で、愛されるキャラクターではない。でも、共感とまでいかないが、彼の持っている価値観の一部にじーーんときた。『王国』でも木崎は登場するのだが、彼の人間性が濃く表れるにつれ、更に惹き込まれている自分がいた。

 

「その刺されて苦しむ男を、残忍に見るだけではつまらない。笑いながら見るのでもつまらない。しっかり同情するんだ。そいつの恋人やそいつを育てた親になどまで想像力を働かせ、同情の涙を流しながら、しかしもっと深く、もっと深くナイフを刺す。その時、命を破壊する残忍で圧倒的な喜びと同時に、その命に同情する温かで善良な感情が染みるように広がる。その相反する二つの感情は人間の限界超える。善と悪が互いに刺激し合い、その感情は人間の許容範囲を超えどこまでも上昇していく。渦のように。肝心なのは、全てを余すことなく味わい尽くすことだ。なかなかいいぞ、その瞬間は。」

 

捉え方次第で人生ははっぴいである。

絵馬

また京都に行ってきました。4ヶ月振り。

とりあえず、お腹破裂するんじゃないかってくらい美味しいものたくさん食べた。今回の旅のメイツは胃袋大きい集団だったから、とても安心したってか逆にたくさん食べれるか焦るくらいだった。(ありがたい)食べたいもの聞いてくるくせに、私の食べたいもの全部却下してくるところも好き。疲れたら疲れたね、よく歩いたねって言って大して歩いていないのにお昼寝しだすところも好き。個性が強くて、それぞれ違ったカラーを持っているけど、息が合うのはなぜだろう。化学結合

f:id:hoppysan:20190401011058j:plain

さくら

皆やんちゃなんだけど、根っこは真面目で努力家な方々で、それは今も変わらなくて会うたびに私も頑張らなくてはと思える。真面目な話をするわけではないけど、勝手にエネルギーを貰っている。多分、私のダメダメなところをよくわかっている。それでも受け入れてくれる貴重な友達だ。前、お酒の力に頼って「なんで私と会ってくれるの」と聞いたことがある。(彼女か!)その返答自体は思い出せないんだけど、とても嬉しく思った記憶はある。高校卒業するまではみんなが敵に見えていたけど、そんなことなくなったな。今の距離感のおかげでもあり、少し成長したからでもあるとは思うけど、その面では母校に感謝している。4月から忙しくなるけれど、大事にしたいものは大事にしよう。

冬にインターンやら研究室選考やらでエントリーシートを書く機会があったが、あまりうまくいかなくて思っていた以上にメンタルが削られた。でも、今思えば出し切っていないし、改善の余地しかないものだった。何も頑張っていない。これからもっともっとESを書く機会が増える。(今既に結果待ちが二つある)メンタル擦り減ってもいいから、不必要な悲しみにぶち当たるのは避けたい。頑張ったと言いたい。

帰ってきてギターに触った。今日も好きだったから良かった。

過去も未来も今も

最近、書きたいことがあまりないのは確かなんだけど、書きたいことが浮かんで書き始めても途中で息絶えてしまう。だから下書きが溜まっていく。聞き上手について、いろんな不安な気持ちについて、好きなものを好きでい続けることについて、小学生の頃の放課後について。おそらくこれらの下書きは公開されずボツになる。

古舘佑太郎の定期的に更新されないブログを読む度に私は前というより上を向こうと思える。古舘佑太郎という人物とサシで飲んだこともないし、昔から知っている訳でもないけれど、彼の言葉からはなぜか安心感が得られる。いや、知らないからこそ信じられるのかもしれない。申し訳ないが、彼が歌い手として”絶対売れる”とは思わない。でもライブに行きたくなる。歌い手としても好きである。結局何が言いたいんだよ!!と思う歌詞が多々あり、理解に苦しむ。分かりやすい言葉で書かないし、曲のテイストがまちまちだから、人によって受け取り方がかなり違うかもしれない。特定のファン層がない。だけど、そこが魅力でもある。私は、疾走感の中にメッセージが込められている魂みたいなものが二つ折りになってゆっくりと舞っているイメージを彼らのバンド(2)に抱いている。小さなフェスも含めたら5回以上2のライブを見ている訳だが、毎回風に巻き込まれている。一瞬だ。なのに、何も無くない、終わっていない。始まらせてくれる。

前ってどっち?ってなってしまう私に上を向くことを教えてくれた。上は分かるよ、足が地についているからね。でも、それは彼の歌からは学べなかったかもしれない。自分でもよくわからないけど。大人と子供の狭間のちょっと子供よりの心を大事にしていることをブログから感じて、で多分私はその心が大好きで誰に対しても(もちろん自分に対しても)それを大事にしてほしくて、それを無くさないでほしくて。見えなくても持っていてほしい。だから、2030年に再会した時はその心を感じて、受け入れたい。遠いようで近い未来の話。

新学期が始まる前は意気込んで一週間の理想のスケジュールを作っちゃうんだけど、大体それは50%も実行できない。だから、今回もどれくらい実行できないか少し楽しみだ。今年こそ勉強をしたいと思っている、今は。教習所で、身につけることよりこなすことを選んだ私だが、今年はそういう年にしたくない。また新しい自分に出会いたい。